2015年10月15日

【巨人】ミスに拙攻、自滅で完敗 完封負けで1勝2敗に

◆セ・クライマックスシリーズ最終S ▽第2戦 ヤクルト4─0巨人(15日・神宮)

 巨人はミスと拙攻でヤクルト先発・小川を攻略しきれず0―4で敗れ、勝敗を1勝2敗とリードされた。先発・マイコラスは5回1/3を4失点でKOされた。

 巨人は走塁ミスに拙攻、さらに守備のミスも絡んで流れを失い自滅した。

 初回、先頭の立岡がレフト前安打で出塁したが片岡がバントをファウル。すると、逆を突かれた立岡がけん制で刺されチャンスを広げることが出来ず。2回には安打と2四球で1死満塁と先制の絶好のチャンスを作るが、小林が投ゴロ、マイコラスが空振り三振に倒れ好機を逸した。4回には先頭の阿部がこの日2本目の安打で出塁するが、長野があえなく遊ゴロ併殺打に倒れた。

 すると4回、マイコラスが連打で無死二、三塁とピンチを招くと、畠山の右犠飛で先制を献上。さらに1死三塁の場面で雄平の一ゴロを阿部が三塁へ送球する野選で失点。守備のミスも絡み2点を失った。6回にはバレンティンの中前適時打で2点を失い、マイコラスはあえなくKO。

 打線もその後は立ち直った小川にチャンスを作れず完敗。1勝2敗とリードを許した。


posted by ダイ at 22:27| Comment(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月14日

ソフトB、連勝で日本S進出に王手!6回2死から5得点で勝負あり

◇パ・リーグCSファイナルS第2戦 ソフトバンク6―1ロッテ(2015年10月15日 ヤフオクD)


 パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(優勝チームが1勝のアドバンテージを持つ6試合制)は15日、ヤフオクドームで第2戦が行われ、リーグ覇者のソフトバンクが6回に一挙5点を奪い、同3位のロッテを6―1で連破。アドバンテージを含めて3勝とし、日本シリーズ進出に王手をかけた。

 前夜はサヨナラ勝ちで接戦をものにしたソフトバンクが、この日も地元ファンの声援の中で躍動した。まずは2回、李大浩が右越えソロを放って1点を先制した。「打ったのは外のまっすぐ。左投手だったので、右方向への意識が多少はありました。きっちり腕を押し込んだ分、スタンドに入りました」。

 一時は同点に追いつかれたが6回、2死無走者から怒とうの集中攻撃。今宮、柳田の連打で一、二塁とすると、内川が左中間に2点適時二塁打を放って勝ち越し。さらに李大浩が右前適時打で続き、松田の死球、中村の右前打で満塁から吉村が中前2点適時打。この回、6安打で一挙5点を奪い、試合を決定づけた。

 先発・バンデンハークは立ち上がりこそ不安定だったが6回を5安打1失点と粘投。その後は救援陣が盤石のリレーをみせた。

 ロッテは初回に伊志嶺、角中の連打で無死二、三塁としたが、清田が三ゴロ、デスパイネは見逃し三振で2死。続く井口は四球で満塁も、クルーズが遊ゴロに倒れ、絶好の先制機を逃した。4回に田村の中前適時打で一時は同点としたが、先発・古谷が6回途中6安打4失点、2番手・益田は0/3で3安打2失点と踏ん張れず、連敗で後がなくなった。

 第3戦の先発はソフトバンクが中田、ロッテが石川と発表された。
posted by ダイ at 19:19| Comment(0) | プロ野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月13日

「しずちゃん」ボクシング引退=「体力の限界」と申し入れ

国内のアマチュアボクシングを統括する日本ボクシング連盟の山根明会長は15日、女子ミドル級で活躍したお笑いタレントの「しずちゃん」こと山崎静代(36)=よしもとクリエイティブエージェンシー=が、競技から引退したことを明らかにした。
 9月に本人から「体力の限界」と申し入れがあり、了承した。
 山根会長は「聞いた時はショックだったが、選手は宝。体力の限界は本人にしか分からない。気持ちを尊重した」と話した。12月に正式発表する予定。 
posted by ダイ at 16:26| Comment(0) | ボクシング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。