2015年09月08日

コーヒーダイエット

 私はコーヒーを良く飲みます!!
 コーヒーの中でもブラックコーヒーを良く飲みますが、その効果を調べたところ、カフェインによる脂肪燃焼が働き、痩せやすくなると記されてありました!!
 今回、改めて上記の内容を調べたところ、そのメリット・デメリットが掲載されていましたので、紹介したいと思います!!
 
  ホットコーヒーを毎食後と入浴・運動前に飲むだけ!1日4〜5杯飲みます。
  コーヒーダイエットの時に飲むコーヒーは、ブラック&ホットにしましょう

 コーヒーのダイエット効果のポイント
 •入浴・運動前に飲む時は、コーヒーを飲んでから30分〜1時間後くらいが運動やマッサージなどの効率アップに適したタイミングです。
 •カフェインの効果の持続時間は3時間〜4時間だといわれているので、持続時間も目安にして飲むとよいでしょう。
 •コーヒーに含まれるポリフェノールの一種クロロゲン酸は焙煎に弱いのでコーヒー豆は浅煎り豆(ライト〜ミディアムロースト)を選ぶとよいでしょう。

 ブラックに飽きちゃったら…+ソイミルク

 豆乳を軽く温めてからコーヒーに加えて飲んでみてはいかがでしょうか?
豆乳は栄養豊富で低カロリーなので、ダイエット中も安心して取り入れられます。

 ●メリット
 コーヒーなどに含まれるカフェインが脂肪を燃焼しやすくしてくれます。コーヒーには発ガン性があるとされていましたが、現在では逆に発ガン性物質の生成を抑制する働きが認められています。 他にも、コレステロール値を下げ、善玉コレステロールを増やし、動脈硬化の予防をするなどの効果があります。
 カフェイン以外のコーヒーの成分にも自律神経の働きを高め肥満防止などの効果が期待できます。

 カフェインで脂肪燃焼の効率アップ
 コーヒーを飲むと溜まった脂肪〈中性脂肪〉が分解され脂肪酸として血中に放出されます。脂肪燃焼の一歩手前の状態にしてくれるのです!コーヒーを飲んだ後に運動やマッサージを行なうことで、通常よりも早く脂肪酸が燃え始め、高い効果が得られるのです。
さらに、脂肪を溜め込む酵素(PD酵素)を抑えて脂肪分解酵素(リパーゼ)の活動をスムーズにしてくれます。

 コーヒーに含まれるクロロゲン酸に注目
 クロロゲン酸はポリフェノールの一種でコーヒーに含有されています。コーヒーの褐色・香り・味に影響している成分で、ポリフェノールの特徴のガン・動脈硬化・老化などを予防する抗酸化作用の他に、肝臓での脂肪燃焼を促進すると考えられています。
また、自律神経の働きを高め肥満を予防する効果が期待できます。ただし、クロロゲン酸は酸化しやすく、焙煎で多くが分解されてしまうので浅煎りのコーヒーを選びましょう。

 コーヒーのアロマ効果
 淹れたて(5分)のコーヒーの香りには抗酸化作用のある物質がたくさん含まれていて、なんとオレンジ3個分も効果があるそうです!
また、ピラジンという香り成分にはリラックス効果・脳の活性化・血液サラサラ効果があります。
何かと我慢する事が多いダイエット中は特に、コーヒーで一息つくのはとても良いことなのです。

 ●デメリット
 カフェインは薬物成分で、市販の風邪薬に使用されています。薬を飲んでいる方は特に注意しましょう。
また、カフェインは鉄分の吸収を悪くする働きがあります。妊娠している人は鉄分が不足しやすく、貧血になりやすいので、カフェインはなるべく控えるようにしましょう。

 1日のカフェインの摂取量を500mg以上になると、副作用が出やすくなります。
副作用には、動機・ふるえ・めまい・不安感・不眠・頭痛・食欲不振・嘔吐などの症状があり、このような症状が現れた場合には、コーヒーの摂取を控えなければいけません。
 自分の健康状態に合わせてコーヒーを飲むことが大切です。



posted by ダイ at 20:49| Comment(0) | 食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

スポーツとアルコール

 スポーツした後の酒がおいしいと思う方は多いと思います。
 しかし、それが筋肉に悪影響を及ぼします。
 今回は、アルコールによる筋肉の影響について紹介したいと思います。

 ●筋肉の成長を阻害
 筋肉を成長させ、大きくするホルモンにテストステロンというものがあります。
 これはいわゆる男性ホルモンなのですが、アルコールを飲むとテストステロンの分泌量が下がってしまうのです。
 またアルコールを飲むとコルチゾル(コルチゾン)という物質の分泌量が増えますが、このコルチゾルには筋肉を分解する働きがあります。
 アルコールは筋肉にとってマイナス!
 つまり、筋肉を大きくする物質が減り、筋肉を分解する物質が増えることで筋トレの効果が出づらくなるという悲しい結果を招いてしまうわけです。
 もちろんちょっと飲んだだけで全てが台無し、という訳ではないでしょう。
 ただし、大量に飲酒した場合、タンパク質を合成する力が40%以上も低下するというデータもあるので、飲みすぎれば深刻な影響が出ると考えられます。

 ●内臓のオーバーワークを引き起こす
 筋トレで筋肉を疲労させれば、それを回復させるために内臓にも負担がかかります。
 どんなに一生懸命トレーニングしている人でも、時にはまとまった休みを取るほうが良いと言われていますが、これは内臓の疲労を取るためでもあるんです。
 そして、アルコールを分解する時にも内臓に負担がかかります。
 つまり、体が疲れているや内臓に疲労が溜まっている時に飲みすぎれば、内臓はオーバーワーク(働きすぎ)状態になり、超回復を邪魔してしまう可能性があります。
 それでもお酒が飲みたい!というお酒好きな人は、出来るだけ筋肉に悪影響が無いように気をつけて飲みましょう。

 ●筋トレ日の飲酒を控え目にする
 いつもガマンするのはつらいので、トレーニングで筋肉にダメージを与えた日、つまりトレーニングした日だけお酒を控えるようにします。
 たとえ飲むにしても、その量は最小限にしておいたほうがいいでしょう。

 ●タンパク質・ビタミンミネラルを補給する
 お酒を飲む時は、タンパク質系の食品も一緒に食べましょう。
タンパク質にはアルコールの吸収をある程度緩やかにしてくれる効果があるそうです。
 また、内臓がアルコールを分解する時にもビタミン・ミネラルが余計に必要になるので、サプリメントなどでしっかり補給しましょう。

 ●疲れている時・体調が悪い時は飲まない
 筋トレをしない日でも、疲れている日や体調が悪い時は内蔵に負担がかかるのでお酒は飲まないようにしましょう。
posted by ダイ at 22:31| Comment(0) | 食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月08日

納豆の効果

 私は最近、納豆にはまっています(笑)
 栄養素が高いことは聞いていましたが、こんなに身体の調子が良くなることは想像もつきませんでした。
 今回は納豆の効果について書きたいと思います。
 
 ざっくり一言でいうと、体に必要な栄養がバランスよく含まれていて、腸の調子を整え、お肌を健康に保ち、日々の疲労を回復するものすごい食べ物です。
ビタミンB郡のちから

 豊富なビタミンB郡により、細胞の成長や再生の促進が期待できます。具体的には
 •健康な皮膚や髪が作られる
 •体の疲れを取り除く
 •目の疲労回復

などの効果が期待できます。

また、摂取量が多くても尿として外に出される為、体に害がありません。

 ●ナットウキナーゼのちから
 ナットウキナーゼは納豆にだけ含まれている特別な栄養素で、血栓を予防し血液をさらさらにする効果があると言われています。
 血液がさらさらになることで、心筋梗塞や脳梗塞などを防ぐ効果があります。また、免疫力を向させる働きもあります。
 血栓は深夜から早朝にできやすいので寝る前に食べると効果的です。

 ●ポリアミンのちから
 ポリアミンは細胞の再生に不可欠な成分で、新陳代謝や老化防止に効果があります。
 若い頃は体内でポリアミンが作られていますが、年齢を重ねる内にポリアミンを作り出す能力が落ちていきます。そこで、納豆などのポリアミンを多く含む食べ物からポリアミンを摂取することが必要になってきます。
 細胞の再生がきっちり行われることで、お肌のシミ・そばかす・くすみなどを防ぐ効果があります。

 ●納豆レシチンのちから
 納豆レシチンには排毒作用があります。デトックスすることで、
 •ニキビやシミを防ぐ
 •肌荒れの改善
 などの効果が期待できます。

 ●食物繊維のちから
 納豆には豊富な食物繊維が含まれています。
 食物繊維は腸内を綺麗に保つ効果があり、それにより便秘の予防やお肌の健康を保つことに繋がります。

 ●イソフラボンのちから
 大豆に含まれるイソフラボンには女性ホルモンのバランスを保つ効果あり、それにより乳がんの予防にもつながると考えられています。
 また、更年期障害や骨の病気の予防にも効果があります。

 ●カルシウムのちから
 豊富なカルシウムが含まれているため、骨を太く、健康に保つ効果があります。
 また、カルシウムは吸収されづらい成分ですが、納豆の場合は豊富なタンパク質がカルシウムの吸収を助けるため、非常に優れた食品です。

 身体の調子が上がったのは確かですが、こんなに効果があるとは思いませんでした。
 毎日の食生活において欠かせない食材だと思います。
 身体づくりのために、しっかり納豆を食べて栄養摂取に心がけていきたいと思います。
posted by ダイ at 15:30| Comment(0) | 食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。