2015年08月18日

レベルスイング

野球のバッティングのにあるレベルスイングの練習方法について紹介したいと思います。


 野球のバッティングのスイングに大きく分けて、
 1.レベルスイング
 2.ダウンスイング
 3.アッパースイング
の3つがあります。

 バットを上から下へ振り抜くのがダウンスイング、水平がレベルスイング、下から上へ振り上げるのがアッパースイングです。
 ゴロを転がす、ヒットエンドラン時の打ち方、犠牲フライを打つ場面など状況によって、理想のバットのスイングは異なると思います。低めボール、高めのボールを打つ場面でも違ってきます。
  
 ●バッティングの基本はレベルスイング
 バッティングの基本はレベルスイングです。
  ダウンスイングを基本とするのは間違った指導です。
 ここでは、少年野球の選手へコーチングする基本的なスイングで、
  ピッチャーのストレートを打つという前提で話を進めます。
  少年野球の選手に教えたいのはレベルスイングです。
  これが基本になるかと思います。

 一昔前、「バットを上から出せ」というような指導が多かったと思います。
 そして、トップからバットを振り出すときの指導をダウンスイングと表現したため、
 ダウンスイングが正しいスイングを思われがちの感もあります。


 正しいスイングの軌道は、インパクトの前からフォロースルーにかけてスイングが水平になっています。


 トップではグリップが高い位置にあるので、ボールをミートするために振り降ろしますが、スイングの軌道は水平でなくてはなりません。
 トップから両脇を締めて振り降ろし、ボールを捉えたら運ぶ感じで振り抜くと、バットは水平な弧を描くことになります。
 
 ●正しいレベルスイングを身につけるポイント
 正しいレベルスイングを身につけるポイントを紹介します。
レベルスイングをするためには、トップの位置からバットを振り始めたときに、
 脇を締め、肘を下げてから前方へのスイングに移ることがポイントです。
 これによってバットが水平に出て、ボールに正対する距離が長くなり、正しいインパクトを実現できるようになります。
 バッティングに関して、一般的に「バットを振る」という表現をしますが、
厳密に言うと「バットを引っ張る」という感覚が正しいと思います。
 つまり、バットのグリップエンドを振り出す方向(ボールの方向)へ引き下ろすということになります。
  引っ張るのは左手(右打者の場合)で、
右手でリードするとバットが外からまわるようになるので要注意です。
 また、バットスイングの始動時には、ウエイトが前の足にのり始めますが、左肩と腰が開かないように注意しましょう。
 少年野球を始めた段階で、正しいスイング軌道を教えることは非常に大切だと思います。
「上からボールを叩け」のようなコーチングには注意をしたいところです。


posted by ダイ at 19:27| Comment(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。