2015年08月24日

ウイスキーは良いこと尽くし

 私はたまにウイスキーを飲みますが、適量であれば意外と身体がスッキリし、眠りやすくなります。
 ウイスキーを飲むことで良いことは何か調べた結果、以下のような理由が見つかりました。


1 カロリーが低く脂肪分もないため、飲んでも太りにくい
2 「ウィスキー」の元々の語源は、「命の水」
3 開拓時代、ウィスキーはお金と同等の価値があった
4 シングルモルトには、ガンを防止する効果がある
5 1日1杯のウィスキーで、脳卒中のリスクを軽減することができる
6 心臓病になるリスクをも軽減することができる
7 1週間につき1~6杯ほどウィスキーを飲むと、痴呆症になるリスクが軽減される
8 あのヒラリー・クリントンもウィスキーが大好きで、日常的に飲んでいるらしい
9 ウィンストン・チャーチルは、ウィスキーソーダを朝食に飲んでいた
10 アメリカの有名作家マーク・トウェインもウィスキー好きとして知られており、「物があまりにも多くありすぎるのはいけないが、上質なウィスキーが多くありすぎるのは良いことである」「ウィスキーは飲み物で、水は戦うものである」などの名言を残している
11 未開封であれば100年はもつ
12 ウィスキーの起源はアメリカであり、中でもテネシー州はジャックダニエル、ケンタッキー州はメーカーズマークとワイルドターキーが生まれた地域として有名
13 世界には5000種以上ものシングルモルトが存在する
14 長期間質を落とすことなく状態を保つことができるため、投資目的で購入するとよい(種類によっては後々価値が上がる可能性があるものも)
15 アメリカ最大のウィスキー蒸留所を建設したのは、ジョージ・ワシントンである
16 ウィスキーはその昔、修道士の手によってのみ作られていた
17 氷点下でも凍らない
18 ウィスキーの量を表す「シングル」は指を横にした1本分(ワンフィンガーと呼ぶ)、「ダブル」は2本分(ツーフィンガーと呼ぶ)
19 ウィスキーのボトルは、ただ並べておくだけでも美しい
20 とにかく美味しい、結局これに尽きる

 まさに良いこと尽くしですね。
 ウイスキーを飲む機会は少ないですが、たしなむ程度で健康的な身体にしようと思います。


posted by ダイ at 00:33| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。